Civilization6 時代別ローディング画面

<太古>

生命は海で生まれ…先史時代の巨大な獣へと進化し…ついには二足歩行する人類に行きついた。今、人類の大いなる旅路が始まる。文明のゆりかごから始まるこの度は、やがて星々へと至るだろう。

 

<古典時代>

ささやかな始まりから人類は飛躍的な成長をとげた。今や青銅は鉄に替わり、統治は馬と剣によってなされている。天もその秘密を明かしはじめ、星空が人々の心を高揚させて海へいざなっている。

 

<中世>

石によって大都市が築かれ、最古の帝国が興っては消えていった。やがて人々は、天を圧する城とそこに居並ぶ騎士たちを仰ぎ見ることになる。歴史はここを中心として紡がれていく。若者が苦労して剣術を学ぶように、人類もまたこの星における自らの居場所を理解していくことになるのだ。

 

ルネサンス時代>

新たな力が時代を押し進める。火を吹くマスケット銃、天高く放たれる大砲…印刷された文字にすら、大いなる変革の力が秘められている。かつて広大だった世界は日ごとに狭くなり、謎は失われつつある。しかし答えを得られていない疑問はいまだに多く、信仰は試練にさらされ、国も「国家」というアイデンティティを得るに至ってはいない。

 

<産業時代>

機械のうなる音、悪臭をもたらす噴煙、たちこめる灰とスス。これらはすべて時代の変化を物語っている。科学と文化の進歩にいざなわれ、国はひたすら前へ前へと進む。自然と人間、戦争と平和。これからの課題は、この繊細なバランスを保つことだ。

 

<近代>

かつて「鳥人」は伝説の中だけの存在だった。しかし今、それは現実になろうとしている。航空機と新しい形の通信手段は、世界をより小さく、近いものにするだろう。しかしその代償は? 政治や生活様式の違いに起因する衝突は、今や世界中で発生している。耳障りの良い主義主張が氾濫する中で進むべき道を見定めるのは容易ではない。

 

原子力時代>

原子から宇宙まで、新発見は知見を拡大させる。今や我々は永遠の謎と思われていた存在に近づき、肉眼では見ることのできない秘密をも明らかにしようとしている。問われるのは賢明な決断だ。この新たな知識は、人類がかつて直面したことのない大きな闇をはらんでいるのだから。

 

<情報時代>

あらゆる情報が手の平に収まり、世界をおおったネットワークがリアルタイムでのコミュニケーションを可能にする。それでもなお世界は1つになれない。技術、文化、政治において我々は競いつづけ、今やこの星を破壊することすら可能な兵器を手にしている。慎重かつ大胆に。不朽のグローバル社会を確立するために求められているのはそうした指導力だ。

iMac (Retina 4K, 21.5-inch, Late 2015)の構成について

さて、もうすぐiMac 2017が販売されるとの噂が出ている中、今更の考察ですが、最もユーザーの満足度の高い構成についてメモしておこうかなと思います。(自分なりに満足のいく解説記事が全然見つからなかったため)

 

f:id:Carbuncle0114:20170210052541p:plain

 

iMac 4KのCTO(Configure To Order)ポイントはCPU、メモリ、ストレージの3つですが、全部オプションをつけると228,800円もします。

これならいっそ(スペースの問題が許されるなら)iMac 5Kを購入したくなってしまいます。

で、実際にApple Storeに行って触ってきたので最低構成の使用感を体験してきましたので、最も満足感の高い構成について考えてみたいと思います。

 

結論から書くと、ストレージだけ256GB SSDにカスタムするのが一番不満が少ないでしょう。(次点がノンカスタマイズ、次々点が1TB Fusion Driveです。)

お値段にして148,800円 + 20,000円 = 168,800円 + 消費税 8% = 182,304円

注意点としてはストレージ容量が不足する場合、Dropboxなどのクラウドストレージサービスの利用料(12,000円 + 消費税 8% = 12,960円)が年間ランニングコストとして必要になることです。この辺はPC購入のたびにデータ移行を必要とする手間や、もしものためにデータのバックアップを用意する煩わしさとのトレードオフです。

 

さて、なぜSSDが良いかというと、おそらく最も使用していて不満に感じるのが虹色くるくるだろうと思うからです。この虹色くるくる、もちろんCPUやメモリの不足により発生することはありますが、最たる原因はストレージ速度によるものです。

実際、最低構成のiMac 4Kでは環境設定などを初めて押した時に(つまりキャッシュ化されていない状態で)虹色くるくるが1〜2秒発生しました。このような状況をできるだけ低減したい方はSSDへの変更をおすすめします。

 

ただし、1度起動さえしてしまえば、8GBのメモリーで3〜4.5GBはキャッシュに利用してくれているので、再度起動した時は即時の起動をしてくれました。この辺がMacの良いところですよね。Windowsはすぐに忘れてくれます(設計思想の違い)。

ですので、職場で2〜4年前のIntel Celeron 2GBメモリー 512MB HDDなどという化石PCを日常使わされている社畜さんはこの程度、気にならないかもしれません。

会社から劣悪な化石PCを支給されても、不満を言わず、日々耐えて立派にお仕事をこなされている、寛容な広い心をお持ちのあなたの場合、ノンカスタマイズの1TB シリアルATA(5,400pm)が最もコストパフォーマンスが良いです。

(正直、エクセル作業ぐらいなら上記化石PCでもほとんど問題になることはありません。7万行ぐらいのデータを扱う時はストレスを感じますが、コーヒーブレイクを楽しみながらPCの計算終了を優雅に待っていれば良いのです。)

自宅PCぐらい贅沢したい!って人のみSSDに変更しましょう。ただし、家でのPC作業が快適になってしまうと、逆に職場でのPC作業にイライラを感じるかもしれません。そうなっては元も子もないので、よく考えてからにしてください。

 

ノンカスタマイズで多少の虹色くるくるを我慢すれば2年分のクラウドストレージサービスが利用できるのです。なに、虹色くるくるなんて職場のPCなら日常茶飯事、慣れた日常じゃないですか。本当にSSDの速度がなければだめなんですか? 自分はそんな一刻一秒に追われるような生活を送っているのですか? 否、断じて否ですよね? 自分はもっと寛容で、広い心の持ち主だったはずです!

そんな、優しいあなたのベストチョイスはポイントやお得な値引きサービスを行ってくれる家電量販店でノンカスタマイズモデルを買うことじゃないですか?

いえ、考えるまでもありません。悩むまでもありません。家電量販店でノンカスタマイズモデルを買うのです! そしてApple Storeの店員さんからiPadの同時購入をおすすめされ、追加出費をしてくるがよいわ!

 

さて、なぜFusion DriveよりもシリアルATAがおすすめかというと、結局虹色くるくるが発生するかどうかはあらかじめキャッシュ化されているかどうかに起因するため、初めての起動などの場合はFusion DriveでもSSDの速度は関係なく、HDDの速度によるためです。

よく勘違いされている方がいますがSSDはあくまでキャッシュ用途です。128GBが24GBに減ったとか、2TB Fusion DriveならSSDは128GBでHDDも7,200pmで高速だという意見がありますが、大体の方は24GBも追加のキャッシュメモリがあれば困ることはないでしょう。また、128GBのキャッシュメモリを必要とする用途なんて本当に2TBの空き領域を必要とする作業を日常する方ぐらいです。

そんなに速度が気になるなら+30,000円の2TB Fusion Driveではなく、+20,000円のSSDを買いましょう。

また、虹色くるくるが嫌で+10,000円の1TB Fusion Driveにしようかと考えている方、安心してください。キャッシュ化されていない場合は通常のシリアルATAと同じ時間、虹色くるくるしてくれます。Fusion Driveを選択するなら、差額の1万円でクラウドストレージサービスを利用しましょう。

 

CPUやメモリについてですが、通常の使用では問題になることはないでしょう。

問題になるような奇特な方は悪いことは言わないのでWindowsのgaming PCをBTO Shopで購入することをお勧めします。同じ値段で数倍の性能のPCを手に入れられます。

ですので、少しでもお金をけちりたい方はCPUやメモリよりもストレージの変更にお金を費やしましょう。

 

では 良いMac Lifeを。

STAR WARS - ROGUE ONE

f:id:Carbuncle0114:20161216214442p:plain

初日に早速見てきました。

平日ということもあり、上演10分前でもチケット購入できました。

 

STAR WARSは(ビデオを含め)EPSODE1~7まで見ていますが、正直、一番面白かったです。STAR WARSなので、アクションや兵器による戦闘シーンはもちろんありますが、主人公たちはレジスタンス所属の一般人なのでフォースを使った魅惑的な戦闘シーンや大規模な戦争はありません。

しかし、だからこそ一つ一つの戦闘が命がけですし、作戦も必死で、成功するかどうか最後までハラハラドキドキしてみることができるのです。

ジェダイが戦うと、どうせなんやかんやで不思議な力が働いて勝っちゃうんでしょ? って冷静に見てられますが、この映画ではそうはいきません。常に「どうなっちゃうの!?」って気になって仕方がありません。

 

何より最後のシーンには驚かされました。このシーンのおかげでまた本編を1から見直したくなりました。きっとまた違った視点で本編を見ることができると思います。

 

さて、私は3D IMAXで見てきましたが、ひょっとしたら2Dのほうが見やすいかもって思うシーンがちょいちょいありました。ただ、最初の宇宙空間を飛行船が飛ぶシーンは3Dならではの感動があり、映画にすごく惹きつけられたし、良かったと思います。

とは言え、2DはTVやビデオでも見れるので、せっかくなら映画は3Dで1度は見ておくことをお勧めします。ぜひ3D IMAXで視聴して、映画館ならではの感動を感じてほしいです。

 

まだ見に行ってない方がほとんどだと思いますが、ぜひ、ROGUE ONEを見てください。絶対、後悔しないぐらい面白いです。

 

最後に、ぼーっと見てても気づかないのですが、STAR WARSの定番台詞“May the Force be with you.”が今作では“May the Force be with us.”となっています。

たぶん、ジェダイはフォースを実感できるため、フォースが自分と共にあることが分かるので“with you”と言うのでしょうが、今作の主人公はフォースを実感することができません。なので、「私個人にはフォースが共にいてくれないかもしれないが、私たち全体にはきっとフォースが共にいてくれている」というニュアンスで使っているのだと思います。

この細やかな気遣いも今作の魅力です。

Hoi4備忘録(歩兵1)

私が主に使う師団デザイン

 重駆逐戦車 1

歩兵 3

砲兵 4

工兵中隊、偵察中隊、整備中隊

※1 大国の場合:初めは歩兵 4、砲兵4の舞台で、重駆逐戦車をある程度備蓄できてから師団デザインを変更する

※2 中小国の場合:歩兵 10、砲兵中隊 → 牽引式砲兵の生産に余剰ができる → 順次歩兵を減らし、砲兵を増やしていく → 砲兵中隊を削除 → 生産ラインに余裕が生まれ、重駆逐戦車をある程度備蓄できてから師団デザインを変更する

※3 重駆逐戦車は1934年モデルのまま使い続け、重戦車の研究のみ適宜進め、現代型戦車研究後、置き換えればよい

作成時:

f:id:Carbuncle0114:20161002113138p:plain

 

参考比較 1:

重駆逐戦車 → 軽戦車 1 

f:id:Carbuncle0114:20161002113945p:plain

 

参考比較 2:

重駆逐戦車 → 削除

歩兵 3 → 4

f:id:Carbuncle0114:20161002113730p:plain

 

参考比較 3:

歩兵 7

砲兵 2 

f:id:Carbuncle0114:20161002114135p:plain

 

参考比較 4:関係する研究を最期まで進めた場合の能力値(大規模左ルートドクトリンの場合)

f:id:Carbuncle0114:20161002113538p:plain

 

その他雑記:

電子機械工学 99日 → 機械式計算機 243日

基礎工作機械  148日 → 集中工業 195日

建築Ⅰ 198日 → 無線 146日

重戦車 198日 → 支援火器Ⅰ 146日

全て同時に終わるので気持ちが良い

Hoi4備忘録(フランス編1)

フランスで民主主義を維持する場合、1939年6月頃に発生するドイツのポーランド侵攻まで他国との戦争も義勇軍の派遣もできない。そして、イギリスからの参戦依頼を受諾すると、ドイツと戦争になる。フランスはドイツ・イタリア・スペイン(国粋派)というファシスト国家に囲まれた地形のため、この時期までに戦争の準備を整えておく必要がある。

 

さて、戦争初期はポーランドとの2正面作戦のため、フランス側への部隊配備はそれほど多くない。しかし、ポーランド併合後はすべての師団がフランス側に配備され、一気に戦線が苦しくなる。幸いマジノ線は画像の通り要塞レベルが最大の10なのでやすやすと突破されることはないが、ドイツはベルギーにも戦争を吹っ掛け、そちらからやってくる。ベルギー方面には要塞がないうえに、戦線の拡大も合わさり、フランス軍は一気に崩されてしまう。

f:id:Carbuncle0114:20160817202632p:plain

 

また、さらに時間がたつと、イタリアやスペイン(国粋派)といったその他枢軸陣営もフランスに戦争を仕掛けてくるため、フランスは3方向からの攻撃に耐える必要がある。

フランスには独自国家方針「Defensive Focus (守備への注力)」があり、そこから「Alpine Forts (アルバイン要塞)」「Extend the Maginot Line (マジノ線の延長)」により、ドイツ、イタリア方面にレベル2の要塞を得ることができる。(それぞれ写真の通り)

f:id:Carbuncle0114:20160817203433p:plain

f:id:Carbuncle0114:20160817203625p:plain

 

ただし、レベル2の要塞では大国を相手にするには心許ないため、レベル5ぐらいまで要塞レベルを上げておきたいところである。

これらNFは次の写真の通り、現在の要塞レベルに+2されるというものであり、あらかじめ要塞レベルを3にしておけばNF取得によりレベル5の要塞に成長する。この方針を生かして、頑張って本国を守り抜こう。

f:id:Carbuncle0114:20160817205356p:plain

Hoi4備忘録(イタリア編1)

  • エチオピア戦争
    目標:National Focus(以下、NF)「Ethiopian War Logistics(エチオピア戦争における兵站)」 完了(70日)までにエチオピアの傀儡化を完了する

    戦闘機を全てエリトリアソマリランドに集結させ、陸軍支援につかせる
    港に配備されている歩兵を全てエチオピアに持ってくる
    全ての軍団に将官をあてがい、前線と攻撃戦を設定する
    あとは歩兵で平押し(右上からの首都進軍が早い)

 

  • スペイン内戦
    1936年7月頃開始される
    機甲師団2個師団の軍団を作り、義勇軍を派遣し、陸軍経験値を稼ぐ
    NF「Triumph in Africa(アフリカへの凱旋)」取得後だとまだスペイン内戦が始まっていないため、さらにNF「Befriend Yugoslavia (ユーゴスラビアとの友好)」取得後、NF「Support Nationalist Spain(国粋スペインへの支援)」の取得を目指すことになる。NF「Italy First(イタリア第一)」を目指すなら、スペイン(国粋派)の陣営加入確率を上げるために取っておきたいところ?

 

  • ギリシャへの宣戦布告
    戦争目標の正当化 47PPと235日必要
    NF「War with Greece(ギリシャとの戦争)」取得を目指すと最短で約490日必要
    NF「Albanian Occupation」取得(最短約280日)に合わせ、戦争目標の正当化を終わらせるのが手っ取り早い。スペイン内戦勃発が1936年7月頃なので、1936年7月9日に戦争目標の正当化、1937年3月1日の宣戦布告が望ましい?
    1937年7月頃に盧溝橋事件発生、1937年9月頃に始まる大日本帝国=山西戦争までには征服を完了しておきたい。そのため、遅くとも1936年8月には戦争目標の正当化を行い、1937年4月に宣戦布告したい

 

  • ユーゴスラビアへの宣戦布告
    戦争目標の正当化47PPと235日必要
    NF「Claims on Yugoslavia(ユーゴスラビアでの領有主張)」を取得すれば25PPと125日でよい
    ギリシャユーゴスラビア両方の領土を占領しようとすると難易度が上がる
    国際緊張度25%から連合国が独立保障をかけ始めるので、国際緊張度が25%を超える前に宣戦布告を終える必要がある。つまり、ギリシャと戦争をしながらユーゴスラビアとも戦争をしなければならない
    それに加え、スペイン内戦で国粋派の勝利を収めると国際緊張度が18%ほど上がるため、スペイン内戦を長引かせなければならない(スペイン内戦が終わり、国際緊張度が25%を超えていても独立保障が来なかったことがあるが、可能な限り確率はあげたほうが良い)
    1937年3月1日に対ギリシャ戦を始めると仮定して、ギリシャ戦に必要な期間を余裕を見て1.5か月かかると考えると、1937年4月16日に宣戦布告ができるように1936年12月12日に戦争目標の正当化を行う